アトピー 乾燥肌 ボディソープ

アトピーと乾燥肌

アトピーにはいろいろな原因が考えられます。

環境はストレス、薬など、本当にさまざまですが、アトピーを引き起こしてしまうと、その多くの方が、乾燥肌に悩まされます。

お肌が乾燥し、かさかさしてしまい、かゆみを感じてしまいます。

乾燥がひどくなるとさらにかさかさやかゆみが増してしまうので、強いストレスとなってしまいます。

乾燥肌の一番の原因となるのは、皮脂が不足していることにあります。

アトピーで乾燥肌の場合には、皮脂が不足しないように気をつけてあげる必要があるようです。

ボディソープの特徴を見ると

ボディソープには、界面活性剤が配合されています。

界面活性剤は、皮脂汚れをしっかりと落としてくれる効果が高いのですが、お肌にとって必要となる皮脂まで洗い流してしまうため、お肌のバリア機能が低下してしまいます。

ですから、敏感肌や乾燥肌、アトピーなどの原因ともなってしまうようです。

アトピーで乾燥肌の場合はボディソープは使用してもいいのか?

アトピーで乾燥肌の原因となってしまう、皮脂不足。

お肌を清潔にすることも大切なので、体を洗うことは必要ですが、その時に皮脂を洗い流しすぎてしまうことは、アトピーでの乾燥肌を悪化させてしまうことになります。

界面活性剤を含んでいるボディソープは、お肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうことになるため、あまりオススメできません。

アトピーで乾燥肌の場合は、余計なものは入っていない石鹸で、優しく洗うようにするといいようです。